健康増進法制定!受動喫煙に配慮しよう!オフィス喫煙ブースの豆知識や評判を紹介します!

健康増進法制定によってオフィス喫煙における、受動喫煙の厳格化が行われています。
特にたばこの煙が外部に漏れ出ないような基準が策定されるなど、オフィス賃貸を行っている不動産業などにおいては対策を行う必要があります。
今までは屋外であればスペースを設けていれば喫煙することが可能でしたが、屋外でも受動喫煙のリスクがあることから密閉性のあるスペースの設置が必要になりつつあります。
ポイントについて2点ご紹介します。

健康増進法制定!受動喫煙に配慮しよう!オフィス喫煙ブースの豆知識や評判を紹介します!

1点目の豆知識は、より密閉性の高い空間にすることを求められるようになりました。
今まではオフィス喫煙ブースは、建物の一角を利用したもので良かったのですが煙が外に出ないよう配慮することが必要になります。
例えば自動ドアの設置などを行い、区画が解放されていないような取り組みです。
2点目のオフィス喫煙スペースの条件として、空調設備の強化が必要になりました。
空気清浄機の設置や、排出される空気の中にたばこの有害物質が除去される基準などが設けられています。

受動喫煙防止法制定で分煙が義務化!オフィス喫煙ブース設置の実情について

受動喫煙防止法制定により企業内での喫煙に制限が発生して、会社側は受動喫煙が起こらないような配慮をしなければなりません。
多くの企業は喫煙所を離れた位置に設置したり、室内にブースを置いて空気清浄機により空気を正常にして排出する方法で対応しております。
煙草の副流煙は主流煙よりも有害物質が多く含まれていると言われているので、オフィスの分煙は野外ではなく空気清浄機を設置した部屋やブースを用意するのが理想的です。
オフィス喫煙に関しては社内だけではなく、周囲の人に迷惑をかけないことが大切です。
雑居ビルの廊下に喫煙スペースを設けて、隣の会社とトラブルになることだってあります。
だから自分の会社の室内にスペースを設けることを考えなければいけません。
オフィス喫煙の実情は福利厚生や社内設備に資金をかける会社と、設備投資を重視しない会社では大きな差があります。
受動喫煙防止法制定によってさらに喫煙に関する条件が厳しくなるために、会社の大小に限らずに対策をしならないのです。

オフィス喫煙ブース設置で見られる口コミ評価の内容とは?

タバコをこよなく愛する人にとって、プライベートだけではなく、職場でも思う存分喫煙できるのは最高です。
実際にオフィス喫煙ブース設置をしたことで見られる、たくさんの口コミ評価の内容からも、喫煙者と禁煙者のどちらからも良い声が上がっています。
オフィス喫煙ブース設置することにより、喫煙者は快適にタバコを楽しむことができ、非喫煙者にも煙を気にしない快適な空間ができるのは高評価です。
しっかりと区切られていることで、タバコ特有のニオイも煙ももれませんから、ニオイ問題も解消をします。
またタバコを吸う人達の口コミ評価の中には、移動時間に関しての良い声も数が多いです。
遠い場所まで喫煙をするために、業務時間内に行かなくていいのは助かります。
日本には美しい四季があり、季節の移り変わりは心も和みますが、真夏や真冬は温度の差が大きいです。
でもオフィス喫煙ブース設置により、真冬の寒い日でも、炎天下の真夏でも喫煙が快適できるのも、高い評価の声に多くあります。

オフィス喫煙ブースで口コミ評価が高いのはウイルス対策の高性能空気清浄機付きブース

利用者たちからあらゆる高評価を得ているオフィス喫煙ブース、その中でも口コミ評価が高いのはウイルス対策の高性能空気清浄機付きブースです。
目には見えない存在ではありながら、常に危険をもたらす可能性を秘めている存在ですから、ウィルスというのは油断ができません。
それはタバコを吸うためのスペースでも同じことであり、肉眼で確認できない相手だけに何か対策が必要です。
様々な機能を搭載する性能の高い喫煙ブースがある中で、空気清浄機で高いクオリティのタイプは人気です。
汚れたよどみやすい空気を自然に綺麗にしてくれるのが空気洗浄機、加えてウィルス対策まで行ってくれるなら言うことはありません。
こうした機器の付いたオフィス喫煙ブースであれば、心置きなくタバコを吸いに行くことができます。
うっかり何かに感染したりはしないかと、気にしながら喫煙をする必要もありません。
アルコール消毒をしたり、こまめに掃除をすることもウィルス対策にはなりますが、最初からこうした高性能空気清浄機付きブースなら、手間もかからず気ままな利用ができます。

オフィス喫煙ブース選びでは収容人数に配慮した選び方が大事

オフィス家具にはデスクやチェアや書類ケースなどの什器があり、商材を置く倉庫スペースや休憩室などがお馴染みです。
近年では受動喫煙禁止のためのスペースを設けることが条例で推奨されており、喫煙用の部屋やブースを導入している企業が少なくありません。
オフィス喫煙は野外ではなく室内に設けて、フィルターと空気清浄機で排煙処理してから、空気をクリーンにして排出しなければならないのです。
後付けで収納ブースを導入する場合には、入室人数によって予算が異なります。
大きな部屋タイプならば100万会陰以上の予算が必要ですし、収容人数2名から3名程度の喫煙ブースならば安いものならば50万円程度で導入可能です。
オフィス喫煙は受動喫煙に配慮する方法であり、喫煙する人にとってはリラックスタイムになります。
社員が喫煙をすることはプライバシーによって保護されておりますが、吸わない人のためにはルールも配慮も必要になるのです。
喫煙ブースの導入や部屋の改造を行い、排煙処理をしなくてはなりません。

著者:南部善則

筆者プロフィール

大阪府大阪市出身。
受動喫煙のリスクや健康被害について研究。
自身の経験や知識をもとに喫煙に関するコラムを執筆しています。
オフィス喫煙の専門サイト